ヤング巨人に試練。パワプロ2018 巨人 ペナント編 41.2




巨人でペナント

今回は実況パワフルプロ野球2018、巨人、ペナント編のお話し。

1チームを選んでリアルのプロ野球のシーズンを同じようにプレイできるこのペナントモード。

相手チーム同一カード三連戦(二連戦)を1節とし、購入直後からプレイしてきて、41節目です。

何だかんだで気づいてみたら日程がリアルと同じぐらいになっていました(9月11日現在)。

おかげさまでこちらは優勝できましたが(笑)。

試合にいくまえに

試合にいくまえに少しだけ振り返ってみます。

順位表です。勝ち越し、貯金50で優勝です。

リアルもこれぐらいで優勝してくれないかな~。

シーズン序盤は打線が繋がらなかったり、投手陣が崩壊したりと、もたついたのですが

チーム状態を把握してからは波に乗って独走することができました。

コンセプトは「10点取られたら15点とって勝つ!」です(笑)。

打高投低

そういうコンセプトですとやはりチームの投手成績はこん感じです。

防御率が5点台近くでも優勝できるものです(笑)。

では打撃成績はこちら。

我がチームは攻撃のチームです(笑)。

もうね、文句はないです(そりゃそうだ)。

個人成績はまた後日にご紹介しますが、50本塁打が5人ぐらいいます(笑)。

はぁ~リアルでもそれだけ打ってくれればと何度、実況中に呟いたことか(笑)。

バント数ゼロも成功率低いならやらない方が得点につながるだろうと。

「残塁か大量得点か」も我がチームの特徴ともいえます。

さぁ、今回の試合の伏線は以上です。

実況パワフルプロ野球2018 巨人 ペナント編 第41節 対ヤクルト 第二戦 スタートです!

期待と願望をこめて

スタメンは若手中心です。

リアルでも来年はこういうオーダーがいいなぁと。

もちろん一番に坂本が入ってショートですが(そうなると吉川二塁、田中がサードで岡本がファーストですかね)。

このペナント編セカンドシーズンは、このオーダーをベースにやろうかと思ってはいますが。

そんなリアルとゲームの期待と願望をこめたスタメンで試合開始です。

試合のプレイ動画をどうぞ。

 

先発・中川

先発は期待の若手左腕、中川です。

ストレートもMAX150キロ。スラーブ、ドロップカーブ、シュートの変化球。

スタミナとコントロールもD。S、A↑~G↓の順位でDですから、まあいいほうなのに、なぜかストライクが入らない。

初回からいきなり満塁のピンチです。

何とか抑えたのでよかったのですが。

四番で先制!

ピンチを凌いだその裏。早くも打線が機能してチャンスで四番、岡本がタイムリー。

リアルでは完全に覚醒しましたからね。ゲームでも追いつかないととばかりに打てました。

幸先のよい立ち上がりでしたが…。

試練?

その後の攻撃陣はチャンスは作れど、あと一本のタイムリーが出ず、迎えた六回。

何とか五回を投げきり、勝利投手の権利をえて、中川交代です。

二番手は宮國です。

リアルの方では、もうちょっとよいところで使ってあげてもよいと思う投手ですね。

CSや来年こそは勝ちパターンのセットアッパーになってほしいです。

ここでも願いをこめて登板させた宮國でしたが…。

あっさり同点にされました(涙)。

能力高いのにな~配球が甘かったのかな~と考えながら操作していたら

続く七回に勝ち越されました(涙)。

振り向けば

池田。

先発が序盤に炎上降板したときなどに投入して試合を立て直す役目で登板させるのが、この池田です。

我が投手陣の中で防御率3点台はよいです!

リアルと同じような使い方をして結果を出していた池田ですが、この日はヤクルト打線につかまってしまいました。

振り向けば…その2

池田と同じような役割で結果を出していたのが、三番手で投入した藤田です。

シーズン中で西武からトレードで獲得しました。

パワプロのいいところでトレードで獲得した選手を使い、愛着がわくとリアルの方でも

活躍をチェックしてしまいますね。

閑話休題。ちなみに広島の四番、鈴木誠也。2014版だと、トレード要員でした。

CPUから交渉してきて右打者でまあ、育てれば面白いかなぐらいで獲得した記憶があります。

いまやリーグを代表する打者ですからね。

広島戦をみていて打たれると「2014版ではトレード要員なのに、ぐぬぬ」と悔しがっています。

話しを戻しましょう。

振り向けば、藤田。左腕投手なのですが加入直後の横浜戦でノーアウト満塁のピンチで

ロペス、筒香、宮崎のクリーンアップを三者三振に打ち取って

その地位を確立した投手です。

いつものように抑えてもらい、流れをもう一度と思ったのですが…。

投壊

この試合では炎上してしまいました。

10失点、23安打も打たれるとさすがに(涙)。

打線も10安打を打った割には3点と繋がりにかけた感じです。

大敗でした。

切り替えて

まあ、でも負けるときはこんなものです。

切り替えて3戦目を勝って、勝ち越したいと思います。

目指せ、100勝!

残り試合、ヤング巨人で10勝して、シーズン100勝を目指します。

難易度については、お察し下さい(笑)。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です