ガンダムブレイカー3 第13話「震える山?リージョンカップ決勝」




ガンダムブレイカー3

今回はガンダムブレイカー3のお話しです。

ヒロインのミサ先輩(自分はこう呼んでいます)とナイトガンダムのロボ太と結成した彩渡商店街ガンプラチーム。

このチームは寂れた商店街からガンプラバトルのチームを作り、大会に出場して勝ち上がり、彩渡商店街を宣伝して盛り上げようと結成されました。

地区予選であるタウンカップを優勝し、全国大会?であるリージョンカップも順調に勝ち上がり、いよいよ決勝です。

ではまずはプレイ動画をどうぞ。

震える山?

相手の機体はアプサラス…機動戦士ガンダム第08小隊にでてきたあのMAですね。

ミッションがはじまってすぐに出現したとき、真っ先にこのタイトルが浮かびました。

デカい…スケールはどれくらいかな?なんて思ったのでテロップにいれてみました(笑)。

デンドロビウムはもちろん、ネオジオング、ディープストライカーまでプラモ化されましたから

そのうちアプサラスもプラモ化されるのでしょうか(笑)。

 

苦戦

このミッションがいちばん苦戦しました。

このゲームをやって感じていたのが接近戦が主だと。

なので接近戦のメイン武装であるサーベルの強化に特化し、戦い方も近接の格闘戦でした。

ですが、この戦い方で近づくとアプサラスのハイメガ粒子砲の餌食になり

飛ばされます。

そして接近戦も強かった(涙)。

さすが佐成(サナリィ)、よく機体の弱点を改善し、強化しています。

地球連邦軍海軍戦略研究所の名をもじっているのは伊達じゃないというところでしょうか。

助言

解説のミスターガンプラ(カワグチメイジンポジション)の解説アドバイスを元に距離をとり、攻撃!

何とか勝つことができました。

サブウエポンにGNキャノン、ミサイル、フィールド、回復アイテムを限界まで装備していたのが

功を奏しました(笑)。

 

祝勝会

大会が終わると彩渡商店街唯一の繁盛店「みやこ」で祝勝会を開くのが恒例です。

商店街の愉快な人達が集まります。

右側手前がミサ先輩。エプロンの男性がミサ先輩のお父さん。ビールのおじさんが肉屋?魚屋さんで着物姿の女将さんがみやこさん。白衣の男性は彩渡商店街ガンプラチームのカドマツ博士(ハイムロボティクスから出向)。

左奥の女性がアプサラスのパイロットのウルチさん。

メガネ女子が佐成、アプサラスのエンジニアのモチズキさんです。

この会話シーン、癒されます(笑)。

新たな敵?

最後に登場なのがウィル君。どうやら巨大企業の御曹司のようです。メイドさんもいますし(笑)。

パプテマス・シロッコのポジションでしょうか?

次の大会の決勝の相手は彼なのでしょうか?

おススメ

割と飽きっぽい自分がハマっているのは、操作しやすいアクション性はもちろんですが、シナリオもキャラもよいからだと思います。アニメが丁度いいのと、主人公である自分が出てこないというか、プレイヤー視点というか。

感情移入しやすいです。声優さんが演じてくれるのは嬉しいのですが、主人公は喋らない方が好きですね。

同じ理由でFGOにもハマってますが(笑)。

 

さてさて、次のミッションではどんなガンプラが現れるのでしょう?

プレイするが楽しみです。

次回をお楽しみに!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。